忍者ブログ
Laid back surfing life in San Diego, CA since 2002.
[408] [407] [406] [401] [402] [405] [398] [392] [397] [396] [395]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サイドオンショアが吹き荒れる肌寒いコンディションにあっさりと今日の波乗りを断念し、サーフボード博覧会にやってきた。

駐車場料金が9ドルと有料なので、来年はカープールで行くことをお薦めします。

さて、昨年より規模もスペースも拡張されている会場内。



公開シェイプルームを覗くと、



ちょうどクリス(・クリステンソン)がシェイピングを披露していた。



そこはまさに聖域で、職人の眼光とオーラに痺れます。



そのクリスのブース。



会場の奥にはデュークから現在に至るまでの歴代シェイパー系譜図があり、その歴史の深さに魅入ってしまう。



ロビーと並び、2000年代にその名が刻まれていたジョシュ・ホール。



そのジョシュのチームライダーたち。クラシックなスタイルです。



こちらはメイドスタイル。



BINGのラインナップ。



サンタクルズのミシェル・ジュノー。彼の板はICONSやMITCH’Sで頻繁に見かけるようになりました。


photo by Koichi

大御所も来ていて、特に感動したのがシェイプ歴50年以上にもなるHOBIEの重鎮、テリー・マーティン。



地元からは熟練シェイパーのボブ・ミツベン。



そして、最近遭遇率の高いCJ。



ここで活気あふれる会場をあとにし、ウッドボードで有名なトム・ウェーゲナーのスライドショーが予定されているパタゴニアへと移動する。


写真:サーフライン

アライアと呼ばれる古代ハワイアンが乗っていたフィンレスウッドボードを、


写真:サーフライン

トムは耐水性に優れたポローニアという木材で制作している。



ユウコも挑戦してみたいと興味津々。



「桐板」に対する質問は途切れず、人気者のトムは終始コアな波乗りファンに囲まれていました。



厚さわずか1インチ以下とかなりのパドル力を要する板なので、初めて乗るならまずビーチブレイクの掘れたセクションがいいとは巨匠のお言葉。



ちなみにデイヴ・ラスタビッチが乗るとこうなります。あまり参考にならないですね。(笑)


写真:サーフライン
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いいですね~☆
やはりイベントも盛んで羨ましい!

話は変わり、またLA山火事ですね。。。
今の時期は空気が乾燥しているし、昨年のような被害にならないよう心から願っています!
yoko URL 2008/10/16(Thu)16:43:47 編集
brush fire
yokoさん、
キャンプペンデルトンあたりでまた木々が燃えていましたが、風も弱まり何とか鎮火されました。
我々も昨年の悪夢がないことを祈ります。
ありがとうございます。
Todd 2008/10/17(Fri)03:12:18 編集
About Me
Name:
Todd
Like:
Surfing
Email:
toddtf@hotmail.com
Clips










Search
Wave Info
Calendar
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
JGW Archives
忍者ブログ [PR]